読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

log

Python 入門(環境構築編 At Mac OSX Snow Leopard)

python

github に Python 入門的な記事を上げてるのですが、こっちでも紹介したいと思います。環境構築なども含めて。

今回は Mac OSX 10.6 を前提にしています。

ちなみに、github に上げてる記事はこちら→Python 基礎:目次

Python インタプリタのインストール

OSX では、Python インタプリタが大きく3系統に分けられます。

  • デフォルトでインストールされている Python
  • Python の公式サイトにあるインストーラを利用してインストールした Python
  • MacPorts を利用してインストールした Python

これらはそれぞれ、

にインストールされます。

今回はバージョン管理が簡単な MacPorts 版の Python をインストールしようと思います。

MacPorts のインストール

既に MacPorts がインストール済みの方は読み飛ばしてください。

MacPorts とは、Mac で使用可能なパッケージ管理システムです。
Python 開発で必要なツールはだいたいこれで揃います。

インストーラは http://www.macports.org/install.php からダウンロードできます。
OS のバージョンごとにインストーラが異なるので気をつけましょう。
今回は Snow Leopard のインストーラをダウンロードします。

インストーラでは基本的に [続ける] or [Agree] をポチポチ押してれば問題ありません。

MacPorts 用の PATH設定

以下は bash, zsh 用の設定です。
追記(2010/9/23): 記述修正しました。

PATH=/opt/local/bin:/opt/local/sbin/:$PATH
PATH=$PATH:/opt/local/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.7/bin

2行目はこれからインストールする Python 用の記述です。

MacPorts のアップデート

MacPorts を最新の状態にアップデートします。

$ sudo port -d selfupdate
$ sudo port -d sync
Python インタプリタのインストール

今回は Python 2.7 をインストールします。

$ sudo port install python27

これで、後はインストール完了を待ちます(しばらく時間がかかるかもしれません)。

ちなみに、現在 Python は 2.x 系列と 3.x 系列が並行してリリースされています。
2.x と 3.x は互換性が無いため、過去の資産が使えない 3.x よりは 2.x の方が利用される例が多いようです。
そのため、今回は 2.x 系列の最新版である 2.7 で進めることとします。

インタプリタを動かしてみる

まずは、Python が正しくインストールされたか確認します。以下のコマンドを実行して、「Python 2.7」と表示されるか確認しましょう。

$ python -V
Python 2.7

このとき、「Python 2.6.1」と表示された場合、正しく PATH が通ってないことが考えられます。
設定を改めて確認しましょう。

次にインタプリタを動かしてみます。

$ python
Python 2.7 (r27:82500, Sep 23 2010, 18:11:42) 
[GCC 4.2.1 (Apple Inc. build 5664)] on darwin
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>> 

こんな感じで表示されたら OK です。
では、Hello world を実行してみます。

>>> print 'Hello world!'
Hello world!

次に Python インタプリタを終了します。
Ctrl-D か、exit() と入力すると終了します。

sitecustomize.py の設定

Python はデフォルトだと文字コードが ascii になってるので、これを UTF-8 に変更します。
以下のように、site-packages というディレクトリの中に sitecustomize.py を作成します。

$ sudo vim /opt/local/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/Current/lib/python2.7/site-packages/sitecustomize.py

sitecustomize.py には以下のように記述します。

#!/usr/bin/env python
import sys
sys.setdefaultencoding("utf-8")                            

easy_install のインストール

easy_install とは、Python のモジュールのインストールやアップデートを行うためのツールです。
PerlCPAN や、Ruby における RubyGems にあたります。

MacPorts 用の easy_install は、py27-setuptools というパッケージをインストールすると一緒にインストールされます。

$ sudo port install py27-setuptools
easy_install の使い方

引数として、インストールしたいモジュールのモジュール名を指定します。
例えば BeautifulSoup というモジュールをインストールする場合は以下のようにします。
アップデートする場合も同様です。

$ sudo easy_install BeautifulSoup  

まとめ

とりあえずここまですれば、最低限の開発環境になってるかと思います。
続きはまたいつか。

みんなのPython 改訂版
みんなのPython 改訂版
posted with amazlet at 10.09.23
柴田 淳
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 75071

初めてのPython 第3版
初めてのPython 第3版
posted with amazlet at 10.09.23
Mark Lutz
オライリージャパン
売り上げランキング: 57132